• HOME

ハチミツとローヤルゼリーの効果など蜂のもつ効能を紹介

  • ローヤルゼリー詳細はこちら
  • はちみつ詳細はこちら
  • ローヤルゼリーの効能
  • はちみつの効能
  • 蜂について
  • そのた

ローヤルゼリーとは

| トラックバック(0)
ローヤルゼリー (royal jelly、ロイヤルゼリー)とは、ミツバチの働き蜂が、上顎ならびに下顎の咽頭腺より分泌する、いくつかの異なった性質の成分がそれぞれ反応する事により生産される、ミツバチの分泌物質と、そのミツバチの分泌物を原材料にして製品化されている健康食品などの事を指しているものです。

このローヤルゼリーは女王蜂となる幼虫、また成虫となった女王蜂、幼虫の働き蜂にも食物として給餌される。(つまり女王蜂だけでが供給される物ではないのです)

特に、女王蜂は、このローヤルゼリーをほぼ唯一のエネルギー源としていますが、このローヤルゼリーの栄養源のおかげで働き蜂の40倍も長生きすることが知られています

なお日本語では、王乳(女王蜂がつかう為ですね)とも称されているものです。

現在の日本においては、「プロポリス」などの健康食品としても販売されていますね。

このローヤルゼリーは、蜂蜜(はちみつ)と同じく、蜂の巣から採取する物です。
ただし、蜂蜜とは異なり、特徴的な酸味をもっており(発酵食品のような)いるものです。


【ローヤルゼリーの栄養価】
ローヤルゼリーは、とても多くのビタミン類、ミネラル、アミノ酸を含んでいます。さらに高タンパクでもあるので、本当に様々な栄養素を含んでいるといわれています。(それは蜂蜜の栄養素とは比較にならないぐらいの量です)

1954年、その当時のローマ教皇・ピウス12世が老衰による危篤状態の際に、医師団のひとりガレアジイ・リシーが ローヤルゼリーを投与したところ、驚異的な回復を示し、危篤状態から無事に脱したといわれています。
これが世間的にローヤルゼリーの効能効果が注目されたはじめての事例といわれています。

それからローヤルゼリーの効果は認知されるようになり、また様々な化学者がこのローヤルゼリーの力を研究しはじめました。
しかし実は1954年のこのローマ教皇への投与いらい研究されているにも関わらず、半世紀経っても栄養を補助する食品としての正確な効果検証を裏付ける科学的成果は出されておらず、実はまだ研究段階と言ったところのものになります。

ただし、実際けがの傷につけても治りもはやくなりますし、飲んでも健康回復に一役買いますので、科学的には裏付けがなくとも、その効果は経験的に知られているため現在のように製品だされているのです。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hachimitsu.samurai47.com/mt/mt-tb.cgi/1